取扱商品

トップページ > 取扱商品 > JXTGエネルギー > 自動車用潤滑油  > ディーゼル CJ4 > ディーゼル CJ4

< 前のページへ戻る

API CJ-4認証油
ディーゼル CJ4
ディーゼル CJ-4は、API(American Petroleum Institute:アメリカ石油協会)コマーシャル分類のCJ-4認証油です。CJ-4規格は、EPA(Environmental Protection Agency)2007年排出ガス規制対応車向けに2006年10月に発行されましたが、現在もコマーシャル分類の最新の規格として位置づけられています。NOx、PM(粒子状物質)を減らすため、クールドEGR(Exhaust Gas Recirculation)やDPF(Diesel Particulate Filter)が装着されたため、エンジン油には低灰、低リン、低硫黄の組成や低揮発性が求められました。また、ディーゼル CJ-4は、CJ-4規格エンジン試験において、すす混入量が多くても粘度が増加しにくく、摩耗防止性に優れていることが確認されました。

用途

大型トラック、バスなどのディーゼルエンジン用、とくにDPF装着車用(非装着車にも適用可能)

特徴

1. DPFなど排出ガス後処理装置に対応
ディーゼル CJ-4は、DPFなどの排ガス後処理装置に対応しています。API CJ-4規格では、硫酸灰分(オイル中の金属分)を1質量%以下にすることでDPFの詰まりを抑制し、また油中リン分(0.12質量%以下)、硫黄分(0.4質量%以下)も低減し、さらに蒸発性(10W-30:15質量%以下、15W-40:13質量%以下)を低く抑えることで、排出ガス触媒への適合性を向上しています。

2.エンジン寿命の延長
CJ-4規格では9種類のエンジン試験が必要とされており、とくにすす混入量が5~7質量%となるエンジン試験条件で、優れた粘度増加抑制(すす分散性)および摩耗防止性(動弁系、ライナ、ピストンリング、軸受)を有することが要求されています。ディーゼル CJ-4は高性能添加剤の最適配合により、耐摩耗性、清浄分散性に優れており、エンジン各部の摩耗やカーボン・スラッジの付着を防ぎ、エンジン寿命延長を可能にしています。

仕様

荷 姿 200lドラム、20lペール缶

取扱会社情報
会社名:JXTGエネルギー株式会社
住所:〒100-8162
    東京都千代田区大手町一丁目1番2号
電話:03-6275-5152
FAX:03-3276-1308
URL:http://www.noe.jxtg-group.co.jp/