取扱商品

トップページ > 取扱商品 > JXTGエネルギー > 船舶用潤滑油 > シリンダ油 > マリン > マリンC1005

< 前のページへ戻る

船舶用ディーゼルエンジン油
マリンC1005
近年の船舶用機関は高性能、高出力、低燃費化が進んできており、さらに低品質の重質燃料が使用され、潤滑油に対する要求性能はさらに厳しくなってきています。 マリンシリーズは、主に3油種で構成されており、シリンダ油には「Cylinder」の頭文字を付けたCシリーズ、システム油には「System」の頭文字を付けたSシリーズ、トランクピストンエンジン油には「Trunk Piston」の頭文字を付けたTシリーズをラインナップしています。アルファベット後の数字は塩基価とSAE粘度分類を表しています。

用途

新世代クロスヘッド型ディーゼル機関用シリンダの潤滑

特徴

1.高硫黄燃料を使用する新世代クロスヘッド型ディーゼル機関用シリンダ潤滑に最適です。
硫黄分1.5~3.5%の高硫黄燃料を使用するMANDiesel&Turboの高効率過給、高出力新型Mark8以降の機関用として推奨する塩基価100シリンダ油です。

2.酸中和性、耐摩耗性に優れ機関各部の寿命を延長します。
硫黄分1.5~3.5%の高硫黄燃料で塩基価70シリンダ油を使用し、新型Mark8以降の機関で低負荷運転された場合の定温腐食のリスクを避ける為、マリンC1005では塩基価を100mgKOH/gに高めています。
高い洗浄・分散能力、卓越した酸中和能力、優れた油広がり性能及び耐摩耗性を有し、シリンダ内部を清浄に保ち、またライナ・リングなどの摩耗を最小限に防止し、長期無開放運転を可能とします。

仕様

200lドラム

取扱会社情報
会社名:JXTGエネルギー株式会社
住所:〒100-8162
    東京都千代田区大手町一丁目1番2号
電話:03-6275-5152
FAX:03-3276-1308
URL:http://www.noe.jxtg-group.co.jp/