取扱商品

トップページ > 取扱商品 > JXTGエネルギー > 産業・民生用エンジン油 > ディーゼルエンジン油 > SL > SL 140

< 前のページへ戻る

自家発・コジェネディーゼル機関専用油
SL 140
最近の中速ディーゼル機関は高出力化、高Pmax化が顕著です。加えるに低質油の使用されるケースも、多くなっており、従来の機関に比べ熱負荷が上昇しております。とくに高負荷、低質燃料、長期間連続運転を強いられる陸用コジェネ用機関は過酷な運転条件にあります。このような過酷な機関を清浄に保ち、良好な機関性能を維持するためには、熱安定性や高温清浄性に優れた潤滑油で対応するのが望ましいといえます。当社では舶用潤滑油よりもさらに高温清浄性その他必要性能を強化した「SLシリーズ」をラインナップしております。

用途

特徴

1. 高温清浄性および熱安定性が優れています
中速ディーゼル機関は、高出力化が進む一方で、硫黄分や残渣分の多い低質重油を使用する傾向にあります。このような高出力でしかも低質重油を使用する機関では、機関の熱負荷が上昇するため、カーボンやスラッジが生成しやすく、これらが機関各部に付着、沈積し、リング固着などを引き起こす原因になります。SLシリーズは、これらの生成したスラッジやカーボンを油中に分散させ、かつ高温においてもピストンをはじめ機関各部を清浄に保つ強力な清浄分散剤を配合しました。

2. 酸中和性が優れています
燃料油中の硫黄分が燃焼することにより生成する硫酸は、エンジンのライナ、リングの摩耗およびクランクジャーナル、ピストンピン、軸受メタルの腐食などの障害の原因になります。SLシリーズは、このような腐食性酸類を中和し、その腐食性を消失させる強力な酸中和性を備えています。

3. 水分離性に優れています
ブローバイガス中の水分の凝縮、遠心清浄機不調、冷却水の漏れなどにより、エンジン油には水分が混入します。水が混入すると、添加剤として含まれている炭酸カルシウムが粗粒化し、酸中和能力が低下したり、遠心清浄機の不調やフィルタの目詰まりをもたらしたりします。SLシリーズは、これらの弊害をおさえるため、水分離性についても考慮していますので、遠心清浄機による水との分離が簡単に行えます。

4. 遠心清浄機における作業性に優れています
遠心分離機の分離板に付着したスラッジも非常にやわらかく、比較的取れやすい状態になっています。このためスラッジの除去作業に時間がかからず、作業性に優れています。

仕様

荷 姿 200lドラム、20l缶

取扱会社情報
会社名:JXTGエネルギー株式会社
住所:〒100-8162
    東京都千代田区大手町一丁目1番2号
電話:03-6275-5152
FAX:03-3276-1308
URL:http://www.noe.jxtg-group.co.jp/