取扱商品

トップページ > 取扱商品 > JXTGエネルギー > 電気絶縁油 > 電気絶縁油 > 高圧絶縁油A > 高圧絶縁油A

< 前のページへ戻る

変圧器、しゃ断器用油
高圧絶縁油A
当社の絶縁油の製造は、1919年(大正8年)にすでに行われており、1927年(昭和2年)には「国内外製絶縁油の比較試験」その他の研究報告により、当時すでに外国品に劣らない絶縁油を製造していました。その後、数多くの研究によって品質向上が続けられ、高圧絶縁油Aは、現在国内の多数の電気機器メーカーや、電力会社に大量に納入されているだけでなく、輸出用の変圧器類とともに、海外まで広く使用されています。

用途

○ 高圧絶縁油A
高圧大容量の変圧器、一般用変圧器および油入しゃ断器用

特徴

1. 絶縁破壊電圧(絶縁耐力)が高い
絶縁油の特性のうち、最も大切な特性のひとつとして、この値の高いことが必要です。高圧絶縁油Aは、厳重なる品質管理によって、絶縁破壊電圧が、50kV以上のものを出荷しています。絶縁破壊電圧は、測定器、測定の際の操作、環境などによって敏感に影響され、低い値を示すことがあるので、JISで定められた方法に従って正しい試験を行うとともに、ごみ、水分、その他の不純物が混入しないように取扱いには十分注意しなければなりません。

2. 酸化安定性が優れている
変圧器に封入した絶縁油は、長い間に?しずつ酸化して、酸、スラッジや水分を発生して、変圧器の機能を低下させるので、劣化しにくい安定性の良い絶縁油を選ぶことが必要です。高圧絶縁油Aは、厳選した原油から長年の経験と技術を生かして製造しているので、スラッジを発生しにくく、長期の使用にも安全です。

3. 冷却作用が優れている
油の比熱、熱伝導率がそれぞれ大きいほど、絶縁油の冷却作用は大きくなります。しかし、前記2つの性質は、油の種類による差が小さく、油の対流による効果が主体となるので、粘度が低いほど、冷却作用が大きくなります。高圧絶縁油Aは、引火点、蒸発量を考慮して、できるだけ粘度を低くしてあるので、優れた冷却作用があります。また粘度が低いので、しゃ断器で電流をしゃ断した時に生じるカーボン粒子を、速やかに沈降させます。

4. 寒冷地でも安全である
流動点が十分低いので、寒冷地でも油が流動性を失うことなく、安全に使用することができます。

仕様

荷 姿 タンクローリー、200lドラム、18l缶

取扱会社情報
会社名:JXTGエネルギー株式会社
住所:〒100-8162
    東京都千代田区大手町一丁目1番2号
電話:03-6275-5152
FAX:03-3276-1308
URL:http://www.noe.jxtg-group.co.jp/