取扱商品

トップページ > 取扱商品 > JXTGエネルギー > 工業用潤滑油 > タービン油 > FBKタービンシリーズ > FBKタービンGT32

< 前のページへ戻る

ガスタービン用長寿命タービン油
FBKタービンGT32
蒸気タービンに比べて使用温度条件が過酷なガスタービンでは、高温条件下においても優れた酸化安定性能を有する耐熱性タービン油が要求されます。FBKタービンGT32は General Electric(GE)社のタービン油規格 GEK 32568 に日本で初めて合格したアミン系長寿命ガスタービン油です。

用途

FBKタービンGT32は、その優れた特性により次のような各種の産業用機械の潤滑に広く使用することができます。
(1)コンバインドサイクルに組み合わされる最新鋭ガスタービンおよびガスタービン
(2)各種の発電機および電動機
(3)中・小型圧縮機・送風機およびポンプ類
(4)軽荷重歯車減速機、工作機械、その他各種 産業機械
(5)各種油圧装置

特徴

1. 熱安定性が優れている
ガスタービンの特長は、蒸気タービンに比べて熱負荷が高いことです。ガスタービンの燃焼温度は1,000~1,300℃で、最新鋭の複合サイクル発電に組み合わされる高効率ユニットでは1,500℃に達します。蒸気タービンに比べて軸受け表面温度も高く、また輻射熱の影響で軸受けの油温は100~120℃に達します。このためガスタービン油では耐熱性を重視し、アミン系酸化防止剤を使用します。FBKタービンGT32は、自社開発したアミン系酸化防止剤を使用し、スラッジを生成しにくい特性を有しています。

2. 酸化安定性が優れている
タービン油は他の多くの潤滑油と異なり、定修の際に一部を交換(メイクアップ)しながら10年にも亘って使用されます。一方で、タービン油は次第に劣化することによってスラッジを発生し機械の運転に害を与えるようになります。 FBKタービンGT32は、精製度の高い水素化分解基油を使用する事により過酷な条件下でも長期使用に耐える優秀な酸化安定性を持っております。このことは、電力会社の多数のコンバインドサイクル発電所やガスタービン発電所で早くから使用され、優秀な成績を示していることによって実証されています。

3. さび止め性が優れている
潤滑油系統に水分が入ることは、運転に直接危険であるだけでなく、系統内にさびを発生させて円滑な運転をおびやかすことにもなりますので、油中の水分は極力除去しなければなりません。 FBKタービンGT32は、強力なさび止め剤によって優れたさび止め性能を備えていますで、長期間の連続使用においても系統内にさびを発生させることがありません。

4. あわ消し性が優れている
潤滑油や油圧操作油があわ立ちを起こすのは、油と空気が激しくかきまぜられるか、配管に気密でないところがあって空気が吸入されるか、あるいは油中に溶けていた空気や、その他の気体が急に分離放出されるような条件のときに起こります。したがって、あわ立ちの原因をよく調べて対策を構ずることが先決ですが、油自体にも発生したあわを速やかに消す性能が望まれます。 FBKタービンGT32は、消泡剤を添加してこの性能を強化しており優れた実用性能を示します。

5. 抗乳化性、水分離性が良い
潤滑油や油圧作動油は水分が混入すると、しばしば乳化を起こし運転を不安定にすることがありますので、乳化しにくく、混入水分が分離しやすい油が望まれます。 FBKタービンGT32は、優れた水分離性能を有しているため、混入水分による乳化トラブルが発生することはありません。

6. 粘度・温度特性および低温特性が良い
FBKタービンGT32は、温度による粘度の変化が少なく、流動点も低いので、油圧作動油としても、極めて優れた性能を示します。

仕様

荷 姿 200lドラム、20lペール缶

取扱会社情報
会社名:JXTGエネルギー株式会社
住所:〒100-8162
    東京都千代田区大手町一丁目1番2号
電話:03-6275-5152
FAX:03-3276-1308
URL:http://www.noe.jxtg-group.co.jp/