取扱商品

トップページ > 取扱商品 > JXTGエネルギー > その他 潤滑油特殊品 > その他 潤滑油・特殊品 > ダンパオイルN10 > ダンパオイルN10

< 前のページへ戻る

鉄道車両ダンパ用の長寿命オイル
ダンパオイルN10
ダンパオイルN10は、鉄道車両のダンパに使用するオイルです。ダンパは、車両オイルダンパと車端横ダンパがあり、電車、客車、機関車をはじめ、最近はボギー付の大型貨車にも着装されており、車体の揺れを防ぐためのものです。ダンパは、車両の検査時に点検されますが、点検から点検までの間隔が長いので、その間支障なく十分な性能を保たなければなりません。ダンパの性能、寿命に最も影響を与えるのはオイル漏れです。ダンパは、走行中、ピストンロッドしゅう動部やシールなどが傷つき、摩耗が促進され、オイル漏れを起こしやすくなります。したがって、ダンパ用のオイルとして、次のような性能を有していなければなりません。1.耐摩耗性および摩擦特性が優れていること。2.シール材に対して影響を与えないこと。3.温度変化による減衰力変化が少ないこと。4.酸化安定性およびさび止め性が優れていること。ダンパオイルN10は、これらの要求性能を考慮し、ダンパメーカーおよび日本国有鉄道の評価で優れた成績を納めたオイルです。

用途

特徴

1. 耐摩耗性および摩擦特性が優れている
ダンパの性能を保つためには、オイル漏れを防がなくてはなりませんが、そのためには、ピストンロッドやシールなどの傷つきや摩耗を防ぐ必要があります。ダンパオイルN10には、ダンパオイル用として適切な摩耗防止剤が添加され、耐摩耗性に優れています。特に、ダンパメーカーにおける長期サイクル耐久試験において、図に示すとおり、600万サイクルの時点においても、オイル漏れおよびロッドの傷つきがなく、その優秀性が立証されています。また、ダンパは作動する時、しゅう動部の摩擦抵抗が低くなくてはなりません。この抵抗が高いとダンパの作動が鈍くなり、乗心地などが悪くなります。ダンパオイルN10は、特殊な摩擦調整剤を添加し、摩擦を低減するよう考慮しています。

2. シール材に対して影響を与えない
ダンパオイルN10は、高度に精製したパラフィン系基油を使用していますので、アニリン点が高く、ダンパに採用されている各種シール材に対して、膨潤、硬化などの影響をほとんど与えません。このことは、ダンパメーカおよびシール材メーカにおいて確認されています。

3. 温度が変化しても減衰力の変化が少ない
ダンパには使用目的に応じた適正な減衰力が設定されていますが、充てんされているオイルの粘度が変化すると、減衰力も変化してきます。すなわち、粘度指数の高いものほど温度変化に対して粘度変化が小さいので、目的どおりの減衰力を保つことができます。ダンパオイルN10は、ダンパの作動に適切な粘度グレードを選定しており、粘度指数が高く、流動点が低いので、減衰力の変化も小さく、ダンパ用オイルとして、安定した性能を有しています。

4. 酸化安定性およびさび止め性が優れている
ダンパオイルN10は、長期間の使用に耐えられるよう、酸化安定性、熱安定性およびさび止め性を十分に考慮したオイルです。

5. 日本国有鉄道の指定銘柄
ダンパオイルN10は、JRの規格、JRS64002-1A-15BR9Aに合格し、指定銘柄になっています。

仕様

取扱会社情報
会社名:JXTGエネルギー株式会社
住所:〒100-8162
    東京都千代田区大手町一丁目1番2号
電話:03-6275-5152
FAX:03-3276-1308
URL:http://www.noe.jxtg-group.co.jp/