エネオス ルブマイスタースペシャル企画 教えて!ルブマイスター☆

トップページ > 教えて!ルブマイスター☆ 第3回「石油業界再編について」

ルブマイスターのご紹介

第4回「金属加工油について」

インタビュー : 神長マイスター(以下:神) 櫻井マイスター(以下:櫻) ルブマイスター候補生(以下:候補生)

さて!大好評の「教えてルブマイスター☆」早くも第4回目に突入しました!
本日は御二方の得意分野である金属加工油についてお話を聞いてみました!

世の中には100社以上の金属加工油メーカーが存在します。
そのなかから普段マイスターの御二方はどのような視点で切削油を選定しているのか?
というところに焦点を当てて話を聞いてみたいと思います。
それでは宜しくお願いします。

切削油ってJXTGエネルギー製品だけでも本当に種類が多いですよね~。
初歩的な質問ですが、JXTGエネルギー製品だとなんという銘柄になるのでしょうか?

櫻 )
さすがにその質問は…油性ならリライアカット、水溶性ならリライアソルとユニソルブルですね。
リライアソルはユニソルブルに改良を加えて性能アップしたものと考えてください!

神 )
油性には色々種類がありますが、油脂タイプや活性硫黄タイプ、
不活性硫黄タイプなどまで 数多くの製品がラインナップされています。
水溶性は大きく分けて3種類 エマルジョン・ソリュブル・ソリューションがあります!
てか!お前ら!まさかこんな基本的なこともわからないのか!!(雷 雷)

m(。_。)m m(。_。)m  m(。_。)m 

さー気を取り直して本題に戻りましょう!
油性と水溶性それぞれの特徴を教えて下さい!

神 )
......
櫻 )
......

候補生 )
インタビュアーの御二方!どうやらお困りの様ですね。

え!あなたは?

候補生 )
私ですか?現在、マイスターの道を歩き始めている未来のルブマイスターです!
なんで顔を隠しているのかって?
それはまだまだ未熟者ですから。
さー!インタビュアーの諸君!なんでも聞いてくれたまえ!

は、はい!!! (なんだか胡散臭いな....)

候補生 )
油性と水溶性、それぞれの特徴ですが、
油性・・・主に潤滑性を求められる加工に使用する。

性能を向上させる添加剤として主に使われているのは硫黄系ですね!
活性硫黄タイプ・・・削りにくい金属を削りやすくする強力な添加剤です!
          しかし、非鉄金属(銅等)が変色してしまうタイプです!
不活性硫黄タイプ・・・一般的には活性化しない為、非鉄金属は変色しません!
           加工性は活性より劣ります!
水溶性・・・主に熱を持ちやすい加工で冷却性を重視したい場合に使用する!
エマルジョンタイプ・・・白く濁るタイプ。潤滑性を重視した水溶性切削油。
ソリュブル・・・半透明になるタイプ。切削,研削でも使用可能。バランスを重視したタイプです!
ソリューション・・・透明タイプ。主に研削など冷却性を重視した加工に使用されます!

神 )
マイスター候補生!下がって宜しい!

櫻 )
基本的には間違っていないな!

未来のルブマイスターさん!ありがとうございました!!
(このひと、机の下でカンペ見てたような....)

基本的なタイプでもこれだけの種類があれば、それは各メーカーごとに種類が多いわけですね!
勉強になりました!

最後になりましたが、ルブマイスターの御二方はどういうところに目をつけて商品を選定するのですか?
(あれ?またこの人が出てきた.....)

候補生 )
それは次回VOL,.2で詳しく説明しますね!
ここでキーワードになるのがいかにお客さんの立場にたって物事を考えられるか?
そこが一番重要になります!
油性切削油・水溶性切削油ともにいえることですが、現場に足を運び、お客さんがどのような事に困っているか?どのような切削油を求めているか?を感じ取れるかが大事です!
それでは次回vol.2で会いましょう!
SEE YOU NEXT!

神 )
そうですね!次回はなんとか有意義な対談になりそうですね!

櫻 )
しかし、最後の写真の候補生。少し顔が出てるような....

今日はありがとうございました!
vol.2もう少し深いところまで掘り下げていきたいと思いますので皆様もう少々お待ちを!!

ルブマイスター紹介

神長 亨次

櫻井 康晴

その他の企画を見る